So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

憂鬱週間 [雑記]

珍しく週明けが憂鬱だ。

連休明けの振り返りで憂鬱なことは珍しくないが、今週ほど憂鬱な1週間はいまだかつてあっただろうか。いや、ない。

というのも、今日は直帰の外回りで仕事いっぱい残してしまったし、明日は午後から眠たいの我慢するけど結局眠ってしまうような講演会にでなくてはならない。これはまだ良い。
なにがしんどいって、あさって木曜からの秋田への出張。なんとクルマで。一泊して金曜に帰ってくるという弾丸出張だ。
それだけで終わればまだ良いのだ。まだ続きがある。土曜日休んで日曜からまた出張。今度は鹿児島。これもクルマで。事故不可避。

出張はひとりではなくそれぞれ3人ずつなので運転を交代して行く感じなのだが、職業ドライバーでもないし限度があるっしょ。

さすがに鹿児島にクルマは反対したのだけど、同行するボスの冒険心に火がついてしまい、もう一人は長い物に巻かれるタイプというかボスが言い出したので同調しているというかそんな感じで最早覆ることはない状況になってしまった。
曰く、LCCより安くて自由度が高いからクルマなんだと。マジでオッサンのピュア社畜根性が理解不能すぎて恐怖の域だよ。異次元だよ。完全に学生のノリ。親だったら止めてるわ。

なにより最も恐れているのはボスやボラードマン(ボラードとは波止場のアレ)がやってみたら案外よゆーだったという感想となることだ。もし、そんなことになったら悪い事例として定着してしまうこととを恐れている。
仮に私はよゆーと感じたとしても「キツかった!」の一点張りの予定だが、他人の心までは操れないのでどうにかしんどかったという思いが残るように祈ることしかできない。

7・24に帰ってくる予定なので、その1~2日以内には帰還報告いたします。
もし、月内書き込みがなかったら死んだと思ってください。
遺書は下駄箱に入ってます。(今回のために準備したわけではなく常備しているのですが。)
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

ここにきてわかった好きなカレーの傾向 [雑記]

今日のアイスはクーリッシュ・冷やしパインです。
クーリッシュシリーズは運転しながらちゅーちゅーできるのでとても重宝しております。
ぜひ、ロッテさんはクーリッシュのチョコミントを出していただきたく。

さて、本題のカレーの話。
私は金曜日に1食はカレーを食べることにしています。艦隊勤務の名残からです。
海の男だったことはありませんよ。月月火水木金金だったことを偲んでいるだけです。
自衛隊における金曜カレーは曰く曜日感覚を失わないためだとかというのを聞き及んでおります。
また、潜水艦のカレーは甘口だとか。貴重なお水をあまり消費しなくてもいただけるようにとのこと。いつだか言った横須賀の海軍カレー祭りで近くのおっさんが言ってました。年季の入ったミリオタが言うのですから少なくとも私は信じております。

去年から今年にかけてお家でカレーを作ることが多く、外食のカレーの新規開拓はあまりしませんでした。その結果、お家でカレーを作ることで自分の好きなカレーの傾向を探ることにつながり、外食での嗜好のミスマッチを防ぐことに成功したのです。

わかったことは私はコクと辛さが両立しているカレーが好きということでした。
辛さ耐性がそこそこある私はとりあえず辛くしておけばおいしい理論で選べれば辛口を選んでおりました。
結果、辛口のカレーの大半はさっぱりしつつピリリと辛いスパイス感強めというものが多い傾向にあり、一度辛口を食べてこの店だめや。となっておりました。
辛い目でバランスをとっているお店も数ありますが、辛さを選べるお店ではおそらく万人受けする甘口か中辛がベストで辛口はカイエンペッパー足してるような感じかもしれません。

好きなカレー屋のわかりやすいところだと、チェーン店の上等カレーや日乃屋カレーのような口当たりが甘く後から辛い系のカレーが好みです。一方、ふらんす亭などの欧風カレーもありです。
先日まで松屋でやっていた創業ビーフカレーはコストを考えると最強でした。終わってしまったのが悔やまれます。「カレーはラードで完成する」というのが持論であり、ポークカレーが至高という立場ですが、松屋の創業ビーフカレーはワンコインカレーの金字塔であったと思っております。値上げ復刻して700円くらいだったら週一で食べると思います。

ちなみに苦手なのはタイのココナッツミルクのやつとかただ辛い汁のような本場っぽいインドカレーはあまり好きじゃないです。バターチキンはおいしいけど、あれはおやつです。バターチキンでナンを食す行為は私的にはホットケーキで一食すましたような扱いです。

で、おうちカレーでいろいろ試したのですが、傾向的に甘口のカレーを辛くしたほうがおいしいです。
特にバーモントカレーの甘口を濃いめにつくってカレー粉を足してバランスをとるとこれが病みつきになり3キロ太りました。痩せなければいけないのにです。

というのもバーモントカレーってほかのカレールウより多く作れるんですね。ほかのカレールウは8~10食なのにバーモントカレーは12食分が基準だという。
うちの鍋のキャパは10食分が限度なので一度に全部使うと1.2倍濃いわけだからそりゃおいしいのです。
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

料理のさしすせそのレクチャーで投げ銭をもらおう [雑記]

ネットのうさんくさいメディアが結構好きで毎日見てます。
今日はちょっと突っ込まざるを得ない記事と出会ったのでこっそりツッコミします。

そのツッコミたい話題というのは料理系の話で濃縮めんつゆの使い方の話でした。
濃縮具合が商品によって違いますよーから始まって味見しながら調整しましょうという内容でした。それだけ。
あまりにも当たり前すぎてなにか読み抜けがあるか? と不安になり帰宅してから再度読んでみましたがやはり当たり前のことしか書いてありませんでした。そのうさんくさメディアには投げ銭システムがあるのですが、この記事読んでためになったという人はいるのか心配になりました。

文句だけ言って済ますのはアンフェアなので、私ならこの話題をどう料理するか考えてみましょう。
めんつゆをめんつゆとして使うのであれば記事にあるように水足したりめんつゆを足せばよいのですが、料理につかうとしたら一工夫必要でしょう。

私がめんつゆを使う料理の定番といえば「肉じゃが」です。めんつゆは基本的にはしょうゆ+みりん+だしですのでとても合理的なんです。使用するめんつゆの種類を変えれば同じ要領で別の風味も味わえますしね。
ただし、味の濃さの調整はは生肉も入るので加熱前や加熱中に味見は基本的にはしてはいけません。おなか壊す覚悟をもてば別ですが。
ではどうしたらよいでしょうか。
ひと煮立ちさせたあとに味が濃ければ水を加えたり、薄ければめんつゆを加えたらよいのです。

って、あたりまえじゃーーーー!って思うでしょ?
そんな記事だったわけです。というか、瓶のラベルに書いてあることを丁寧に書き直しただけという。
投げ銭もらえるクオリティの料理記事というかアイデアをシュバッとだせれば苦労しないですな。

頻繁に更新することでファンもいるんでしょう。私が見てないだけで投げ銭するに値する良記事もあるのかもしれませんし、毎日記事を上げる根気も大変な労力ですし、そういうところは見習いたいです。
と、悪口だけで終わりそうなのでフォローしておきました。(本音ですよ)

更新頻度も低く役立つ情報を発信できない私は到底投げ銭はもらえそうもありませんね。
まあ、誰かに忖度せず好き勝手発信できるブログというメディアが性に合っているのですが。

そして日記系料理ブログ(?)らしくネットで料理のノウハウを得るため真理をひとつ伝授しましょう。
それは調味料メーカーなどのホームページで公開されているレシピをみることです。では。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

浮気中 [雑記]

だまってると罪の意識にさいなまれて耐えられないので告白しますと、
チョコミン党幹部である私ですが、最近はラムレーズンに浮気してます。

普段はこちらのチョコミントを近所のスーパーで調達しています。
https://www.akagi.com/products/chocomint/cup.html


赤城乳業 チョコミント 150ml×18個

赤城乳業 チョコミント 150ml×18個

  • 出版社/メーカー: 赤城乳業
  • メディア: 食品&飲料



あるとき、いつものチョコミントの在庫が少なく、あるだけ持って行っても寂しいので隣にあったラムレーズンで数を補いました。そして食べてみたら案外おいしく、そこからずるずると今日に至るというわけです。
https://www.akagi.com/products/black/rumraisin.html


赤城乳業 ラムレーズン カップ150ml×18個

赤城乳業 ラムレーズン カップ150ml×18個

  • 出版社/メーカー: 赤城乳業
  • メディア: その他



考えてみると、ラムレーズンって食べる機会があまりありませんでした。
コンビニやスーパーで在庫されていることも少ないですし、あってもハーゲンダッツ。ハーゲンダッツだったらショコラミントが本命でだめならバニラ、グリーンティと続いてストロベリーとだったらラムレーズンかな? という具合です。
ハーゲンダッツのラムレーズンは特別おいしいと思わなかったのですが、赤城乳業のは結構イケる。ラムっぽさが薄いのが良いのでしょうか。

そしてこれは私の洋酒嫌いを克服するチャンスかもしれません。
洋酒はジンとかウォッカのトニック割以外はほとんど飲まないのですが、これでならしていけば甘ったるいお酒もおいしく飲めるようになるかもしれません。選択肢が広がることは良いことですので。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ググレカス [雑記]

会社のおじさんとの会話

おじさん「ネット検索できない人をググレカスというらしい」
私「えぇ…」

なんか新聞に書いてあったと言っていたが本当だろうか。
壁ドンみたいにマスコミお得意のネットスラングのオーバーライドか・・・と思ったけどおじさんの勘違いであってほしい。

というわけで、ネット検索できない人のことを「ググレネーゼ」と呼ぶことを提案したい。
ネット検索など下々の者がやればよいというググる労力すら惜しむその姿はハイソサエティそのもの。

「あなたってググレネーゼね。」という具合。

皆さん、ぜひ使ってください。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱ、東京嫌いだわ [雑記]

東京は人が多いので頭おかしいやつやマナー悪い輩と出くわす確率が高いです。
軽度にイラつく輩にはほぼ毎日出くわします。
例えば、電車の乗降で降りる人いるのに乗り込んでくる奴にイラつき、濡れた傘を平気で人に当てるやつにイラつき、奥が空いてるのに詰めないやつにイラつくといった具合でして。
私のイラつきレベルのしきい値が東京に出入りするには低いのかもしれません。

まあ、東京にいる人の大半は私と同じく田舎者ということですから、幼少期にお母さんやお父さんに電車の乗り方を教わらなかったのでしょう。と、なぞの上から目線で心を落ち着けてます。
ちなみに、私は電車なんか通ってない地域出身なのですが小学校のとき教わりましたよ。教室の扉を電車のドアに見立てて練習するというシュールな授業だったのでよく覚えてます。

まだイラつくくらいなら良いのですが、理解不能な輩にも出くわします。
一番よく見るのは交差点の車道に立ってる奴。歩道と車道ふちギリギリでも理解できないのに外に立っちゃうようなやつ。暴走事故だとかで歩道ですらクルマとんでくる可能性あるのに想像力欠け過ぎではなかろうかと思うのです。ああいうのは死の電波でも受信しているのかもしれません。

さて、そんなのはまだ可愛いもので、今日見たのは謎の親子。
夫婦+子供二人で子供は5歳ぐらいの子と2歳くらいの乳母車に乗ってる子でした。
なにが異様だったかと言えば、乳母車の子はぎゃーぎゃー泣きわめき、5歳くらいの子はガクガク震えている。
そりゃ、雨のなか傘もささずにずぶ濡れならそうなるわ。
なぜか、夫らしき男は傘をさしていて、奥さんと子供はずぶ濡れ。申し訳程度に夫は傘に子供を入れるような努力をするも焼け石に水。

朝から雨でどこ行って何してたんだか存じませんが、傘か合羽ぐらい買ってやれよと思いました。
周り見渡せばコンビニなんて何件もあるし、ドンキホーテだってあります。おうちまであとちょっとだからダッシュすれば平気!ぐらいに考えたんでしょうか。
大人ふたつの脳みそがあっても子供を濡れネズミにするという解を導き出せるのは理解不能すぎて怖いです。
こういう悪意のないネグレクトが横行してるのが東京という街なのでしょうか。ああ怖い。
常識のない核家族怖いです。

最近、東京で働くことが罰のように思えてなりません。多分、先祖が悪いことをしでかして、末代の罰をうけているのでしょう。
さすがにこのままだと精神を病んで会社辞めそうなので、ここ2年ぐらいかけて会社行かないで済むように環境整備をしております。オリンピックには間に合わせたいです。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ワークマン+ [雑記]

今日は久しぶりにワークマンへ行きました。
靴下とインナー、休日のウェアはワークマンなのです。
最近流行ってるのでやっとファッションの流行も私に追い付いてきたかという感じですかね。

わざわざ日記に書くのはたまに行っていたワークマンがオシャレ系ムーブメントに汚染されてワークマン+とかいうのに改装していたからです。駐車場もほぼ満車でした。ブームってすげえ。

大概のワークマンは入口から右手に手袋とか安全靴に高所作業用品で左奥はちょっと高めのブルゾンだったり値引き品が並んでいることが多いのですが、訪れたワークマン+は右奥は通常どおりで左奥と入口付近がオシャレっぽいブランドの製品群が目立つように陳列されていました。デパートのテナントに入居しているワークマン+はどういう感じなのかな? 気になります。ちょっとだけね。

入ってみて一番気になったのは通常のワークマンのレジ付近は照明の光が届かないのかどこか薄暗いのですが、ワークマン+のレジカウンターは壁にロゴがあしらってあってオシャレなセレクトショップみたいでした。また、レジ前にいつもつい手が伸びてしまう便利アイテム(カラビナとか裾上げテープなど)は陳列されていなく、大きなテーブルとなっていました。
店員さんも普通のワークマンにありがちな話しかけにくい雰囲気を放つ愛想の悪い老夫婦ではなく、明るい品の良いおばちゃんとお姉さんでした。お店の中で店員さんがレジ以外でしゃべってるの初めてみました。しかも敬語でした! レジが明るく感じたのは店員さんの雰囲気のためでしょうか。

そして商品ラインナップとしてはぱっと見、ふつーのワークマンと大差なかった印象でしたが、思い返すと定番のXEBECのブルゾンが見当たらず、wmbとか最近話題のワークマンオリジナルブランドの製品が多かったような気がします。

ちなみにの靴下11足、Tシャツ2枚、コンプレッションインナー、サンダルを買いました。
3000円ぐらいでした。相変わらずオシャレTaxはとっていないようで安心です。
販路が一般の方にも広がり量産効果でますます安くなれば私にも恩恵があるはずなので、ワークマン+頑張ってほしいですね。

まあ、+は混んでるっぽいのでこれからも普通のワークマンに行きますがね。
マニュアルが徹底した丁寧な顧客対応よりも愛想のないジジイ店員から「兄ちゃん、あと10円出せない?」なんて目も合わさず小銭の調整を提案される昔ながらのワークマンが好きですから。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:ファッション

温故知新 [雑記]

昨日、パジェロイオが無事納車されました。
昨日と今日の合計で高速含めて200kmちょっと走りました。

パジェロイオもやっぱりパジェロなので乗り味はトラックみたいな感じです。
改めて、レガシィの乗り心地は良かったと思いました。また、舗装の悪いところはAWDが効いていたからかレガシィではあまり気にならなかった道もパジェロイオではハンドル取られたりとやや難儀しました。

動力性能は2.5Lのレガシィと比較すると、当然見劣る部分がありますが、案外低回転でもがんばるので運転はしやすいです。しいて言えば、1速が伸びないので交差点でシフトチェンジし忘れると大変です。

三菱車の特徴なんでしょうけどスイッチ周りが良いです。レガシィのスイッチはミニカよりちゃちかった印象でしたが、20年前のパジェロイオも同様に良かったので三菱は伝統的に良いのかもしれないと思いました。
特に三菱車のハイビーム切り替えが好きです。ウインカースイッチをパッシングより深く引くとハイビームになり、レバーは元の位置に戻るので指が短い人も操作しやすいです。一般的にはハイビームはウインカースイッチを奥に押しやる操作となりますが、ハイビーム中の操作が億劫です。まあ、不器用なひとはパッシングのつもりがハイビームになることが懸念されますが。
あと、ヘッドライトがエンジンを切ってドアを開けると消えます。ズボラなので消し忘れてしまうことがあるので大変助かります。ミニカも同様だったので三菱の特徴かもしれません。

私のパジェロイオは99年のクルマですが、意外と良いところも多いと思いました。

そんなパジェロイオと付き合っていくために早速施策を打ちました。
注文時にETCを付けてもらうの忘れたので、別途、用品店でETCをつけてもらいました。ETC2.0というやつにしました。圏央道が2割引きとのことです。しかし、外環は頻繁に使いますが、圏央道は年に1回もつかわないので、従来のETCでよかったかもしれません。しきりに宣伝してるけどなにがいいのかよくわかりません。

備え付けのオーディオがザ・純正なので変えたいと思いました。最近、Amazonで猛烈な成長を見せる中華製のあやしい製品を探してみたんですが、ラジオが微妙でAMが対応してなかったりとなかなかいい製品が見つかりませんでした。この辺は現地(日本)で実際に試験してみないといけなかったりするので仕方ないかなーと思います。
それで結局、↓をAmazonにて注文しました。

カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ MVH-5500

カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ MVH-5500

  • 出版社/メーカー: パイオニア(Pioneer)
  • メディア: Automotive



これでもう、すっかりオケラになりました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

さよならレガシィ [雑記]

クルマを乗り換えることにしました。

レガシィに乗り換えたのはこの記事の頃(2014年6月)なので5年弱といったところです。
ミニカ、クリッパー、レガシィとこれで4台目。歴代最長です。
べつにレガシィに飽きたというわけではないのですが、ちょこちょこ故障も増えてきたものでそろそろかなーという感じです。安いクルマを転々と乗り換えて人生でたくさんのクルマに乗りたいと考えているのです。

で、次はなにかっちゅーとパジェロイオにしました。
実質3台目の三菱車でございます。実質というのはクリッパーはミニキャブのOEMなので。
べつに三菱が好きというわけではないのですが、なんか巡り合わせがいいんです。
あまりいろいろ見て回らず、実車みて「お、いいじゃん」となれば即契約なので。

実はまだ納車待ちというステータスなのでございまして、今日の記事、元の予定では納車後に投稿しようとキープしていたのですが、↓の記事をみて前倒しした次第です。

なぜいま注目? 平成の終わりに20代でセダン人気が復活の兆し

記事の中にこんなことが書いてありました。

>「親が過去に乗っていた/憧れていたクルマと同様のボディタイプ/車種を購入車として検討できますか?」についても、 世代別で20代が1位(44.2%)となっています。

これをうけ、去年の車検のときに借りた代車がネグレクトという記事を書いたことを思い出しました。

子供が将来、クルマを好きになるか嫌いになるか に親のクルマチョイスが影響するんじゃないかという内容で、下記のような予想もしていましたが、それが少なからずYahoo!ニュースの記事と合致したなぁと思いました。

> 幼少時に家にあったクルマの車種の統計と現在の指向がわかると面白いかもしれません。

で、今回のクルマ選びはまさにそんな感じで、私が小さいころ親父がパジェロに乗っていたことがモロに影響しているかもしれません。親父パジェロには楽しかった思い出もありますし、そういうことも思い出して候補のうち最も気になったのがパジェロイオなのでした。

おっと、タイトルは「さよならレガシィ」でしたのでレガシィの思い出も綴っておこうと思います。
ちなみにBHのランカスターです。

まずは大きな故障について
・真夏にエアコンのベルトが切れたこと
・燃料ポンプが壊れた

小さな故障
・電動ミラーが開閉したりしなかったりする
・シートベルトの引き込みが弱くなってきた(ドアに金具を挟むことがある)
・リヤの「LEGACY」って書いてあるでかいパネルが知らんうちに割れてた
・↑の割れ目から浸水してランプがすぐ切れるようになってしまった
・↑のせいで雨の後リヤハッチを開けると水が降ってくる

悪いことはこれくらいにしておいて良かったことを書いて締めましょう。
新車価格はわりと高いらしいのでそれに見合うかどうかはわからないけど、ステアリングホイールもMOMOのかっちょいいやつでした。
特によかったのはオートエアコンです。
見た目はシンプルであまりかっこよくはないですが、名ばかりのオートエアコンではなく、A/Cのオンオフ、吹き出しモード、内気循環/外気導入の切り替えがすべてオート。過不足ないインフォメーションと操作ボタン。とっさに押したいデフロスターはスミに配置されていたりと使う人のことを良く考えて設計されていました。夏も22℃にセットしておいてほとんど触ることはありませんでした。
カッコばっかのオートエアコンは少しは見習ったほうがいいですね。
あとは荷物がたくさん積めること。引っ越しも冷蔵庫と洗濯機以外の家財は全部レガシィで運びました。一番の大物はベッドかな?
副変速機はデパートの駐車場なんかの制限速度8km/hみたいなところで意外と活躍しました。
サバゲーの帰り、前のクリッパーでは途中で休憩(仮眠)してましたが、レガシィならノンストップでよゆーでした。運転での疲労が全然違いました。

総じて、故障は大小ありましたが、レガシィに悪い印象はありません。もしまた機会があるなら次はBPの2.0iが手ごろな価格で出会えれば検討したいくらいです。(気が早い)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

マウント無間 [雑記]

【警告】自己肯定感が低い奴にありがちな「こんなの普通にやればできるでしょ ?」って発言、謙虚で言ってるつもりなのにマウンティングだと思われちゃうかもなる記事を見かけた。
さすがにここまで行くともはや病気の域だと思う。精神科あたりでなんかしら病名付けてもらえるだろう。
とりあえず、本当に病名があるかどうかわからないけど、今後引用が面倒なのでマウント恐怖症とでも呼んでおこう。
(おそらく、まとめサイトの話だと、上から目線がマウンティング行為にあたる可能性がある)

まず自分がマウントしてそうな場合を考えよう。
運転免許の話になると「運転免許、教習所でなく試験場で取ったで。」という話をする。多くの人が選ばない試験場での受験をわざわざ選び、幾度も試験場に通い、独特な緊張感の試験を突破し免許を取得したことは私の人生の数少ない誇りでもある。明らかに自慢の意図がある。しかし、この会話で対となる教習所で免許取得した人をバカにする気はないのも事実だ。運転免許は運転免許でしかなくそれに上も下もないからだ。なんだったら、ゴールド免許自慢されたらやっつけられてしまう隙もある。
しかし、こういった自慢行為がマウント恐怖症の人からしたらマウンティング行為に当たるかもしれないわけだ。
(おそらく、免許持ってることが自慢となるのでマウンティング行為にあたる可能性がある)

次に自分がマウントされてる? ということを考えよう。
友達がソシャゲのガチャ引き報告を「もっていないやつおりゅー?」かなり煽り気味にしてくることがある。
正直なところ羨ましいと思いながら「おりゃん!」とか「うちの環境では未実装だわ」と返す。仮に相手がマウントとるつもりだとしても、彼は良いガチャを引いたのは事実でそれを羨ましがったところでどうしようもない。おそらくマウント恐怖症ではない人はそんな感じでいられるんじゃなかろうか。
(おそらく、ソシャゲの話ができる友達がいることが自慢なのでマウンティング行為にあたる可能性がある)

そんなコミュニケーションでやっていけてるわけだから、私の周りには過度なマウント恐怖症に罹患した人はいないと考えている。したがって、あまり気にしたことがない。
いや、本当にいないかどうかはわからない。私が吐き出す言葉の端々で傷ついているかもしれない。
(おそらく、理想的なコミュニケーション環境にいることがマウンティング行為にあたる可能性がある)

ところで「傷ついているかもしれない」に対して、どこまで配慮すべきかという問題がある。
結論から言えば、気にも留める気はない。
私はエスパーではないので相手の状況や気持ちなんて知りようがないし、事実に則って論理的に会話してれば良いという考えだ。
事実を言うと悪口みたいな風潮があるが、受け入れがたい事実があろうと、事実は事実。という考えだ。
まず、気に入らないことがあれば赤ちゃんじゃねーんだからちゃんと言葉にして伝えろ。てめーの問題を他人様に気を使ってもらうのは甘えだ。
人様に察してもらおうというのは甘い。ブドウ糖より甘い。
(おそらく、お強い自分に酔ってる感じがマウンティング行為にあたる可能性がある)

しかし、この話はマウント恐怖症が仮病の類であり、ガチの病気ではない限りだ。
もし本当にガチでヤバイ、うつ病のように死に至る病だったら話は別だ。その際は私も身の振りを考えねばならぬ。
ただ、観測上、マウントで死んだ奴は見つからない。よって、私はありもしない仮病に関しては甘えと断じて自慢をやめない。
(おそらく、最後のまとめも上から目線で締める感じがマウンティング行為にあたる可能性がある)

--

(おそらく、~ マウンティング行為にあたる可能性がある)は改めて考察してみて付け足した。まとめサイト的な判定でいけば、どうやってもナチュラルマウンティングしてしまうということがお分かりいただけるだろうか。
(おそらく、最後のもう一発が面白いと思って書いてるの?感がマウンティング行為にあたる可能性がある)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -